Top >  プラセンタとは >  プラセンタは胎盤

スポンサードリンク

プラセンタは胎盤

プラセンタは英語で胎盤という意味です。健康食品や化粧品のプラセンタとは胎盤から細胞分裂を促進する成長因子や栄養素を抽出したエキスのことです。

プラセンタは母胎と胎児を結ぶ胎盤なので、胎児の発育を促すのに必要不可欠な細胞増殖因子やビタミン、ミネラルなどを豊富に含んでいます。

プラセンタの細胞の働きを正常にし、自然治癒力を高める働きが注目を集めています。プラセンタ抽出物は液体状の場合にはプラセンタ抽出液と呼びます。

臓器の機能が十分育っていない胎児をしっかり確実に成長させるためにあらゆる臓器の代用として機能するのが胎盤(プラセンタ)です。プラセンタは細胞の分裂を適切にコントロールする成分「成長因子」または「細胞増殖因子」と呼ばれる物質を含んでいるとわかりました。プラセンタは人の身体のあらゆる部分のバランスを正常にして働きを正常化させる力が特徴で、美肌、美白、さまざまな健康、美容効果が注目されています。



スポンサードリンク

 <  前の記事 プラセンタのホルモンバランスを整える働き  |  トップページ  |  次の記事 プラセンタ効果とは?  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://asagi.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/2341

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         
このページについて

このページは「プラセンタexコム〜プラセンタの注射効果からサプリメント療法まで」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

更新履歴

お薦めサイト