Top >  プラセンタ注射注入 >  プラセンタの注射注入治療

スポンサードリンク

プラセンタの注射注入治療

プラセンタ注射注入による治療法は昭和20年代に日本に伝わり、当時は麻酔をかけて皮膚を切開してプラセンタ(胎盤)を直接埋め込んで縫合するという今空では信じられない手術方法でした。その後麻酔や切開せずに注射で胎盤を体内に注入する方法が開発され、今では手軽にプラセンタ注射を受けられるようになりました。

プラセンタ注射は安全性も高く副作用もほとんどない治療法です。ただ保険適応される疾患が肝機能障害、更年期障害、乳汁分泌不全に限られていたこともあり、プラセンタ注射よりもプラセンタエキスなどの薬が主流となっています。

プラセンタ注射を受けるときに、牛のプラセンタでは感染症などを心配されるかもしれませんが、昨今の狂牛病の問題から牛のプラセンタは使われなくなりました。

身体に注入するのだからプラセンタの原材料には気をつけたいことです。プラセンタ注入は美容・健康効果もさることながら安全も第一です。



スポンサードリンク

 <  前の記事 プラセンタ効果とは?  |  トップページ  |  次の記事 プラセンタ注射の優れた働き  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://asagi.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/2343

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         
このページについて

このページは「プラセンタexコム〜プラセンタの注射効果からサプリメント療法まで」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

更新履歴

お薦めサイト