Top >  プラセンタ注射注入 >  プラセンタ注射の効果とは?

スポンサードリンク

プラセンタ注射の効果とは?

プラセンタ注射が効果的な症状には、神経痛、蕁麻疹、習慣性便秘、五十肩、アレルギー性結膜炎、眼精疲労、視力低下、特発性脱疽(壊疽)、リウマチ、夜尿症、慢性肝炎、胃潰瘍、女性の更年期障害、生理痛、生理不順、無月経、凍傷、気管支喘息、肝硬変、肝班、胃下垂、男性の精力減退、自律神経失調症、うつ病、不眠症、拒食症、てんかん、不安神経症、パニック症候群など多岐にわたります。効果の出方は即効で出るものとそうでないものがあります。

またプラセンタ注射は病気だけではなく美容目的としての肌の改善やアンチエインジングの効果もあります。アトピー性皮膚炎、肌荒れ、しみ、乾燥肌、脱毛症、皮膚潰瘍などのトラブルの改善にも効果があるといわれています。

プラセンタ注射液にはメルスモンとラエンネックがあります。点滴でプラセンタを注入することもあり、こちらの方が時間はかかりますが一度に多くのプラセンタを注入することができます。




スポンサードリンク

 <  前の記事 プラセンタ注射の優れた働き  |  トップページ  |  次の記事 プラセンタのサプリメントの効果  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://asagi.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/2345

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         
このページについて

このページは「プラセンタexコム〜プラセンタの注射効果からサプリメント療法まで」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

更新履歴

お薦めサイト