Top >  プラセンタの効果と副作用 >  プラセンタのホルモンバランスを整える働き

スポンサードリンク

プラセンタのホルモンバランスを整える働き

プラセンタにはホルモンバランスを整える働きがあります。更年期障害の女性に対してもホルモンバランスを整えることによって症状が緩和が期待できます。

プラセンタによる更年期障害治療は保険が適用されます。厚生労働省の認可が更年期障害及び乳汁分泌不全の治療剤「メルスモン」、肝障害の治療剤「ラエンネック」としておりています。プラセンタは医療としても認められているわけです。

更年期障害は女性ホルモンが減少することによるホルモンバランスの乱れで自律神経が乱れることによって起こる不快な症状です。
プラセンタの働きで更年期特有のほてり、多汗、頭痛、めまい、不眠症、イライラ、動悸、肩こりなどの症状を緩和させます。

また更年期障害は男性にも女性と同じように起きることはあまり知られていません。加齢とストレスなどで、男性ホルモンが減少し女性の更年期と同様に不快な症状があらわれてきます。

プラセンタのパワーの1つである内分泌調節作用は、過剰なホルモン分泌を抑制し、そして不足しているホルモンの分泌を促進させてホルモンバランスを正常に戻そうとする働きです。プラセンタの内分泌調節作用が更年期障害にも優れた効果を発揮して症状を改善します。



スポンサードリンク

 <  前の記事 プラセンタの効果は早く出る  |  トップページ  |  次の記事 プラセンタは胎盤  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://asagi.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/2340

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         
このページについて

このページは「プラセンタexコム〜プラセンタの注射効果からサプリメント療法まで」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

更新履歴

お薦めサイト